破水から30時間以上陣痛はあっても赤ちゃんが下に降りてこない、ということで緊急帝王切開になりました。
子宮口も1cmほどしか開いていませんでした。

30時間くらい経った時点では先生は普通分娩のつもりでいたみたいですが、触診をしてまったく赤ちゃんが下に降りてきて
いなかったので、赤ちゃんが降りてこない=何か異常があると判断したみたいです。

この場合は陣痛促進剤を使用しても逆効果になるかもしれないとのことで、緊急帝王切開になりました。
手術で一番辛かったのは、尿管に入れられた管が気持ち悪かったことです。

注射や麻酔もたくさん打たれて辛かったですが、これが一番辛かったです。
でも、手術が始まって麻酔が効いてくれば感覚が麻痺するのでわからなくなります。

手術が決まってから手術までの2時間は、羊水が減って子宮が収縮し始めていたのでとても辛かったです。
人生で一番辛い日でした。

術前から術後の翌朝まで絶食絶飲だったので、暖房で口が乾燥しても水を飲むこともできず口に含むだけだったのも辛かったです。
術後の翌日、麻酔が切れてからは何をしても激痛でした。

寝返りはもちろん出来ず、話すだけでもお腹に響いて痛かったです。
ベッドから起きる&寝るという動作が本当に辛かったです。

旦那さんから「見ていて痛々しかった…」と言われたくらいです。
でも、最新の医療ではレーザーメスを使用するので、傷の回復は早かったです。

術後の翌日が痛みのピークなので、あとは日を追うごとにラクになっていきます。
2日目にはそろそろとゆっくり歩けるようになります。

術後の食事は、流動食から徐々に通常のご飯に変わっていくのですが、最初は胃腸の動きも弱くなっているので、
食べ物が胃を通過していくときに痛みを感じました。

3日目にはシャワーが浴びられます。
ことのき、赤ちゃんを膝に乗せて座るのが少し辛かったです。

8日目には無事に退院できて、普通に歩けるくらい回復しました。
傷の痛みはだいたい1ヶ月は続きました。皮膚が引っ張られるような痛みです。
お腹を触ると痛みます。

その後も、3ヶ月くらいまでは時折痛むことはありました。
それ以降は運動をしても痛むようなことはありません。
傷をとめていた医療用ホッチキスの痕も、6ヶ月くらい経てばほとんどわからないくらい薄くなりました。

帝王切開は傷も残りますし、手術も怖いです。
わたしは急に決まったので心の準備もなく、とても不安でした。

でも、全身麻酔ではないので、赤ちゃんの産声が聞けたことが本当にうれしかったです。
産声を聞いた瞬間、恐怖はなくなりました。
赤ちゃんの顔を見たら、安堵に変わりました。

術後の翌日はあまりの痛みに旦那さんに「二人目はあきらめて」と言っていましたが、今は早く二人目が欲しいと思っています。
術後の翌日さえ乗り切ればあとの回復はとても早いので、次がまた帝王切開でも頑張れると思います。






このページの先頭へ