実はわたしは、多嚢胞性卵巣という病気だったらしく、それで不妊治療をしないといけないと覚悟していて、旦那さんにもすぐに子供はできないかも、と伝えていたんですよね。

で、基礎体温つけていると、おもしろいくらい低温期と高温期がハッキリわかるんですよねー!
それで、あるとき高温期に入って、普通は2週間で生理になるはずが、3週間たっても生理がこなくて、とうとうストレスで子宮がおかしくなったかと思って病院に行きました。

そのときに、一応病院に行く前にドラッグストアで購入した市販の妊娠検査をしました。
高温期が3週間以上続く場合は、まず妊娠の可能性が高くて、それ以外の可能性はストレスで異常をきたしているらしいので。
市販の検査薬では陰性だったので、妊娠じゃないと思って病院に行ったのですが、病院で調べてもらったら、なんと妊娠していました!!

めっちゃびっくりしました。

先生に聞いたところ、市販の検査薬で反応が出なかったのは、多分まだ本当に初期だったからじゃないか、と言うことでした。
旦那さんもめっちゃびっくりしていました。

不妊治療しないといけないかもしれない…って相談して2週間後くらいに妊娠したら、そらびっくりやわー(笑)。

多嚢胞性卵巣の方がもしいたら、こんな人もいるので安心してください。妊娠の可能性は十分あります!
あと、これから妊娠したいと思われている方は基礎体温をつけることをおすすめします。

産婦人科の先生に言われて、当たり前だけどそうだなと気づいたのが、「女の人は順調に生理がきている人でも一年に12回しか妊娠するチャンスはない」ということ。その通りやわー。

そのチャンスを知るためにも、基礎体温をつけることは大切なのかなと思いました。

電子体温計だと大雑把なわたしでも付けられるくらいそれほど苦でもないので、がんばれました。

わたしは妊娠がわかってからは基礎体温をつけるのやめてしまったので今は使っていないのですが、二人目が欲しくなったらまた使おうかなと思っています。



このページの先頭へ