妊娠がわかって、そのときまだ旦那さんとは結婚式もしていなかったので、ドタバタでした;

親に報告して、会社に報告して…、結婚式の日取りを決めなおして…。

実は、結婚式の日取りはすでに決めていて、式場も決めていて、週末一緒に行って予約をしようとしていたときに発覚したんですが、なんと予定日がまさかの結婚式の日取りでした。

なので、日取りを前倒しにするか後にするか…、抑えていた式場どうするか…、ふたりで大慌てになりました;

そんなこんなで、仕事と結婚式の準備でバタバタしていたのですが、お姑さんから腹帯はどうするの?と聞かれました。

初めての妊娠だったのと、わたしの母は18歳のときに他界していたので教えてくれるような人がいなかったのでまったく知らなかったのですが、5ヶ月に入った戌の日から安産祈願してもらった腹帯をするそうです。

何のことか全然わからなかったので、お姑さんにお任せしました。で、お姑さんがお義姉さんに頼んで赤ちゃん本舗で腹帯を3種類購入してきてくださいました。

ひとつは腹巻タイプ
これが一番使いやすかったかな、と思います。

最初のころはしょっちゅう着けるのを忘れて服を着てしまったのですが、腹巻タイプなのでスカートを履いていてもパンツを履いていても上からするっと着けられるのがよかったです。

春~秋は薄手のものがいいと思います。冬はお腹を冷やさないためにも厚手の毛糸のものがいいとかと。

もうひとつはボクサーパンツタイプ
お腹を冷やさないため……、という意味ではお腹まで布がなかったのであまり役割を果たせていなかったかもしれません。

妊娠後期にはお腹がとても大きくなるので、今まで履いていた普通の下着ではしめつけられて良くないので(産婦人科の先生に「でかパンを履きなさい!」と怒られました;)、下着として履くのにはゆったりしていていいと思います。

さいごは腹巻タイプ+補助ベルトつき
補助ベルト…、というか、お腹に巻いてマジックテープで止めて固定するようなものなのですが、補助になっていたかどうかは……微妙…ですかね;支えられてラクな感じはあまりないです。それよりも、マジックテープの位置が足りなくてマジックテープじゃない部分に止めることになったので、その部分がゴワゴワになってしまいました。

なので、補助ベルトはほとんど使用していません。わたしは、普通の腹巻タイプを買う方がいいと思います。



このページの先頭へ