出産前にお義姉さんから破水した場合の備えを聞いてはいたのですが、「自分は破水しないだろう」と根拠のない自信を持っていました。

破水も帝王切開も、自分にはまったく関係ないだろうと思っていましたが、両方とも経験することになってしまいました。
破水は本当に大変だったので、ぜひ備えておいて欲しいです。

○夜用ナプキン
ソフィ ボディフィット スーパーナイトガード 羽なし29cmつけていたおかげでベッドと布団を汚すことはありませんでした。ただ、動くと羊水が大量に出てきてしまったので、パジャマはびしょびしょになり、病院に行くまでに3,4枚付け替えました。

わたしは破水したときのために、予定日からナプキンを着けていました。
夜中に破水することが多いと聞いていたので、寝るときにしかつけていませんでした。

実際、本当に夜中に破水しました。
わたしは夜中の3時ごろに1度トイレで目を覚まして、ベッドに入ったときに少し尿漏れのような感覚がありました。

そのまま再び眠りについていたら、30分後に大量に羊水が出てきて飛び起きました。
すぐさまトイレに駆け込んで、ナプキンを取り替えて病院に電話しました。

羊水は白っぽくて臭いと聞いていたのですが、色は少し白く濁ったような色で、においはしませんでした。
あとで助産師さんに聞いたら、新鮮な羊水は匂いがしないそうです。

すぐに入院の用意をして病院に来てくださいと言われたのですが、用意をしている間に羊水がいっぱい出てきてしまい、
購入したナプキンではすぐに溢れてきてしまいました。3,4枚付け替えて、40分ほどかけて準備ができました。

ナプキンを購入しておいてよかったとは思いましたが、もっと大きめのものを購入しておけばよかったと思いました。
わたしの場合は自宅だったので本当によかったと思いましたが、外出先で破水したら本当に大変だと思います。

羊水は自分の意思でとめられないので、動けなくなります。
レギュラーサイズのナプキンではすぐに溢れてしまうので、大きめのナプキンをつけておくことをおすすめします。
それから、5枚以上は予備で持っておくといいと思います。

○防水シーツ 70cm×90cm
西松屋で購入しました。
わたしが破水したときは使用していなかったのですが、あとで赤ちゃん用に購入することになったときに、

どうせ購入するのであれば、破水時用のために敷いておけばよかったと後悔しました。
表面は綿80%、ポリエステル20%でタオルのような肌触りです。

洗濯しても毛羽立つこともなかったです。
フワフワのタオルというよりは、洗濯されて少しくたびれたタオル…という感じで、安っぽい感じはします。

うちの赤ちゃんが肌が強いということもあるかもしれませんが、こすれて肌が傷ついたということはありません。
防水という役目は果たしてくれているので、十分でした。

とても軽くて赤ちゃんが動くとズレてしまうので、赤ちゃんに使用するときは防水シーツの上にバスタオルを置いて使用していました。
それに、赤ちゃんがおもちゃにして遊んでしまうので、そのまま1枚で敷いて使用するのは難しいです。

赤ちゃんが大きくなってもお漏らし用にも使用できるのではないかと考えています。
破水したらすぐに入院しなければいけなくなるので、ベッドが汚れてしまったあとにすぐ掃除してくれるような人がいない
場合は必要だと思います。

防水シーツは1枚あれば長く使用できるので、出産前に購入して破水用に備えておくことをおすすめします。






このページの先頭へ